妖怪ヲタク・小路の
『京都妖怪探訪』


(第761回〜第770回)







第770回:妖怪堂と2022年2月のご朱印と一眼一足の伝承

 僧侶の資格も持つ京都の妖怪絵師・伝道師、葛城トオル氏によるご朱印。今年(2022年、令和4年)元旦の御朱印のテーマは「一眼一足」です。
(※2022年3月11日アップ、『葛城トオル関連エントリー集』に追加しました)



第769回:智恵光院の六臂地蔵

 京都の妖怪絵師・伝道師、葛城トオル氏の案内で、普段は非公開の古刹・智恵光院に祀られている、六本の腕を持つ六臂(ろっぴ)地蔵を、特別な許可を得て礼拝しました。
(※2022年3月1日アップ、『小野篁関連エントリー集』及び『葛城トオル関連エントリー集』に追加しました)



第768回:多巳龍神

 京都の妖怪絵師・伝道師、葛城トオル氏の案内で、一条通り沿いの路地裏にひっそりと建ち、多数の蛇を祀るという「多巳龍神」を訪れました。
(※2022年2月18日アップ、『葛城トオル関連エントリー集』に追加しました)



第767回:葛城トオルと一条戻り橋

 京都の妖怪絵師・伝道師、葛城トオル氏の案内で、有名な魔所「一条戻り橋」を訪れました。
(※2022年2月17日アップ、『葛城トオル関連エントリー集』に追加しました)



第766回:妖怪堂と2022年元旦のご朱印

 僧侶の資格も持つ京都の妖怪絵師・伝道師、葛城トオル氏によるご朱印。今年(2021年、令和3年)12月の御朱印も頂いてきました。
(※2022年2月7日アップ、『葛城トオル関連エントリー集』に追加しました)



第765回:報恩寺、呪いの鐘と鳴虎図と人面魚

 特別公開された古刹、報恩寺。怨霊に呪われた鐘、毎夜鳴いたという虎の絵、そして人面魚と、非常に興味深い場所でした。
(※2022年1月31日、『心霊スポット関連エントリー』に追加しました)



第764回:厨子奥トンネル

 心霊スポットとしても有名な山科の厨子奥トンネルを通過してきました。
(※2022年1月24日アップ、『心霊スポット関連エントリー』に追加しました)



第763回:特別編・2022年の目標

 「新規スポットの記事を15本以上書く」「TRPGシナリオセッション10本以上」「動画を創る」などの今年(2022年、令和4年)の目標を。
(※2022年1月19日アップしました)



第762回:2022年‘毘沙門堂’勝林寺の吉祥紅葉

 毘沙門天と吉祥天とを祀る‘毘沙門堂’勝林寺にて、2021年(令和3年)も、吉祥天の名を冠せられた紅葉が。
(※2022年1月13日アップ、『七福神関連エントリー集』及び『霊場魔所の紅葉シリーズ』に追加しました)



第761回:妖怪堂・勧進橋出張所と12月ご朱印


 僧侶の資格も持つ京都の妖怪絵師・伝道師、葛城トオル氏によるご朱印。今年(2021年、令和3年)12月の御朱印も頂いてきました。
(※2022年1月7日アップ、『葛城トオル関連エントリー集』に追加しました)





『京都妖怪探訪』のINDEXへと戻る



inserted by FC2 system